ホーム‎ > ‎入部希望者へ‎ > ‎

必要な装備品

自転車で2週間程のツーリングを行うのですから、それなりの自転車・装備品が必要です。
ここではその簡単な解説と選び方を説明していきます。
入ってしばらくは自転車・装備品の貸し出しを行うので、一度に揃えなくても大丈夫。また、買いに行く時は先輩と一緒に行くので安心。

初期費用(目安)
   値段  コメント
 必須品    
 自転車 50,000円〜100,000円   ママチャリじゃねぇ...
キャリア・ボトルケージ・前後ライト・携帯ポンプ・携帯工具・カギ 合計で10,000円ほど  それぞれ必須品です。
 ヘルメット 3,000円〜10,000円 安全に走ろう。
 雨具 100円〜20,000円  部内では20,000円位のゴアテックス製の雨具が主流。 
サイドバッグ/パニアバッグ  20,000円前後 完全防水なのが主流。 
 輪行バッグ 5,000円強  公共交通機関に乗る時に必須。 
合計  100,000円〜200,000円  運が良ければ、先輩から譲ってもらえるよ。 
 その他オススメ品    
 自転車バッグ前 5,000円前後  合宿の時やちょっとしたお出かけに便利です。 
 サイクルコンピュータ 5,000円前後  距離・スピードが分かるからおすすめ。大体皆付けてる。 
 ビンディングペダル&シューズ  10,000円~ 登坂が速いらしい。 

オススメの装備品
とりあえずこれ買っとけば間違いない。というものを独断と偏見で挙げて行きます。
 ・キャリア
左はスチール製で1.2kgと重いですが、その値段と汎用性が魅力。長旅にも耐える耐久性はアルミ製キャリアには無いモノ。
右はアルミ製キャリア。安くて軽い、545g。ただし、耐久性に不安あり。
ディスクブレーキ対応でリアエンドにつけるところが首折れになっているものは折れやすいのでおすすめしません。
 ・ヘルメット
サイクリングでヘルメットをかぶるのは基本です。
デザインと財布と相談して決めよう。
 
 ・ボトルケージ
何でも良いと思う。ペットボトルを入れるものから、専用ボトルを入れるものまで様々。ここで挙げるのは1.0〜1.5Lの大型ペットボトルに対応しているもの。日本国内でペットボトルが手に入らない事は無いので、便利だと思う。
   ・雨具
100均の雨具でも良いけれど、困るのは自分。雨でも走ります。防寒具代わりにもなるし、峠+雨の時にはゴアの雨具のありがたさが分かります。
ここで紹介するのもゴアという素材のモノ。高いけれど、それ相応の価値はあります。部内はほとんどゴア製の雨具。
 
 ・前後ライト
自転車は夜間・トンネル内は最低限、
白色の前照灯と、赤色の反射板または尾灯を装備し、点灯しなければなりません。
自転車事故のほとんどは後方からの追突ですから、ライトや反射シールを追加して後方へ更にアピるのもあり。
 ・自転車バッグ
2週間の合宿では色々なモノを持って行くので、専用バッグが必要。通常、ハンドルにフロントバッグ、キャリアにサイドバッグを付けます。最近では便利な完全防水のモノが主流。

左はフロントバッグ。
他にアタッチメントが必要

右はサイドバッグ。
 ・携帯ポンプ・工具
大型のフロアポンプは部室にあるので、買う必要はないです。ただ、出先でパンクした時のために、携帯ポンプは必須。体重をかけて空気を入れられるタイプが楽でおすすめかな。パンク修理キット+チューブは別に買って下さい。
同じく、携帯工具も出先で使用。なんだかんだ良く使います。Amazonランキングが高い、無難なモノをセレクト
 ・輪行バッグ
公共交通機関に自転車を持ち込む時に必須。分解してこの袋に詰めて遠くまで運びます。
左が袋自体で、右がエンド金具と呼ばれる、自転車を保護する金具。

必須品です。
JRなどでは輪行状態で、3辺の合計が250cm以内、長辺が200cm以内ならもちこめます。JR四国は厳しいので覚えとこう。
・カギ
カギの強さはおしなべて、
U字>ブレードロック>チェーン>ワイヤー
の順です。径が太いほど強度は強くなるので太いほうが望ましいです。

参考として、以下が各カギを切断できる道具の目安です。

・太くて硬いU字, 硬いブレードロック, 太チェーン:
ボルトクリッパー(大), 油圧カッター, 電動のこぎり, 金ノコ,液体窒素+ハンマー, 長い金属棒やジャッキ(間に入れて捻じ曲げる)

・細めで柔らかいU字(アルミ製など):
ボルクリ(大)

・普通のチェーン, 普通のワイヤー:
ボルクリ(中)

・細いチェーン:
ボルクリ(小)

・極細ワイヤー:
ニッパー

・地球ロックしてない自転車:
車で持ち去る

よって U字ロックがおすすめですが、盗まれる時は盗まれます。駅前やイオンなど人の多いところを避け、場所を見極めましょう都心部は特に危ないです。また、カギが複数ついていると泥棒の意気がより下がるらしいのでよいです。駐輪するときはできるだけ地球ロックしましょう。フレームのリア三角内で後輪から地球ロックするとフレームと後輪が守れます。
また、高い位置でカギをつけることで、ボルトクリッパーで切りにくくなります。
カギはできるだけ狭く、短いほうが、間に道具を差し込みにくくなります。

ワイヤーは透明の皮膜がしてあるものは光が屈折して中のワイヤーの径は意外と細かったりするので注意です。

防犯登録の番号や、車体番号はメモっておきましょう。

高いホイールをつけてるときはクイックリリースにせずに盗難防止スキュワーにするのもあり。



 ・サイクルコンピュータ
距離・スピードが分かれば、疲れをコントロール出来る。またペースが把握できるので、目的地までに何時まで到着できるかとかも考えられるので、おすすめ。
 


SUCC的自転車の選び方
   ロードバイク  クロスバイク/シクロクロス車/グラベルロード/軽ツーリング車 マウンテンバイク  ランドナー/重ツーリング車  リカンベント
 舗装路  ◎
◯〜◎ △〜◯  ◯  ◯〜◎
 悪路  ×〜△ △〜◯  ◎  △〜◯  ×〜◎
 旅のしやすさ △  ◯  ◯  ◎ 
 値段の目安 80,000円〜 
クロスバイク:50,000円〜
シクロクロス:80,000円〜
50,000円〜 100,000円〜 200,000円~
 SUCC的オススメ度  ◎  ◎  ◎


スポーツバイクは大きく分けてこ5つに分けられる.....と思う。

ロードバイクは舗装路を走るのが目的の競技用自転車です。よって頑丈ではないので、旅向きではないです。が、重装備になる合宿は年2回、2週間ずつの短い期間しかありませんから、ロードでもいいと思います。エントリーグレードならダボ穴があったりします。

クロスバイクやシクロクロス車、グラベルロードは、オールラウンダー。ドロップハンドルがシクロクロス車、グラベルロードで、そうでないのがクロスバイク。旅にも向くので、おすすめです。シクロクロス車は競技用、グラベルロードはツーリング向けなので、シクロクロス車よりはグラベルロードがおすすめです。

マウンテンバイクはオフロード用の自転車。だけど、スリックタイヤにすれば舗装路も割とすいすい行けます。頑丈故に旅にも向くから、これもおすすめ。SUCCでは山好きの人達が悪路を走るイベントをプライベートで企画する事があるから、それに行きたければコレ。

ランドナーや重ツーリング車は旅目的の自転車。おすすめです。

リカンベントは寝そべって乗る自転車。登りが辛いけど、平地は普通に走れます。下りは他の自転車より速い!
車高によって区別されるハイレーサー、ミッドレーサー、ローレーサーと、3輪のトライクがあります
・ハイレーサーは前後のホイール径が700cや26インチなどです。
ツーリング志向のものもあるのでおすすめ。ただし身長とフレームの形によっては足つきが悪いので注意。
アメリカ系のハイレーサーなどはフレームが真っ直ぐなため、車高が高くなります。
ヨーロッパ系のハイレーサーなどはフレームが曲がっているため、車高が比較的低いです。
・ミッドレーサーはリアが700cや26インチでフロントが小径だったり、前後小径だったりします。
ハイレーサー同様ツーリング志向のものもあるのでおすすめ。足つきも良いと思われます。
・ローレーサーはレース志向のものが多いです。車高が低いので景色を楽しみにくいと思います。キャリアもつけにくいでしょうから荷物の積載量が少ないので、おすすめしません。
2台目以降にはいいと思います。非公式でもアワーレコードを更新したいならこれ!?
・リカンベント・トライクは3輪のリカンベント。車高はローレーサーくらいです。たいていキャリアをつけられます。坂でどんなに遅くてもゆっくり安定して登れます。
ですがローレーサー同様景色を楽しみにくいと思うので、最初の一台にはあまりおすすめしません。

ローレーサーやトライクで公道を走る時には旗とかつけて被視認性を上げることを強くおすすめします。でないと轢かれます。

・リアがディスクブレーキの場合、ディスクブレーキキャリパーのマウント台座のタイプと位置によってつけられるリアキャリアが制限されるので注意です。
シートステーにPMの場合、普通のキャリアだとキャリパーにおそらく干渉します。そうするとディスクブレーキ用に取り付けボルト部分が長いキャリアという選択肢もありますが、比較的折れやすいのでおすすめしません。
シートステーにISの場合、ISの台座はキャリパーと比較して外側に位置していますから、おそらくあまり干渉しないと思われます。
チェーンステー、若しくはリアエンドの後方にマウントの場合、おそらく干渉しないと思われます。
ディスクブレーキ対応のキャリアでもとりあえず普通に使えますが、つい荷物を載せすぎるとそのうち折れることがあるので、載せすぎないようにしましょう。

SUCCではシクロクロス車、ロード、クロス、ツーリング車に乗る人が多いです。
自分で選ぶときは自転車屋さんで「キャリアは付けられますか?」と聞きましょう。ダボ穴が無いと非常に付けにくいです。